2015年対応、東京ディズニーランド混雑予想カレンダーをメインに攻略[姉妹→東京ディズニーシー混雑予想カレンダー

EF100-400mm F4.5-5.6 IS USM購入レビュー!ディズニーランドを超望遠で撮影!

TOP  >  撮影&機材  >  EF100-400mm F4.5-5.6 IS USM レビュー

スポンサード リンク

EF100-400mm F4.5-5.6 IS USM

私の持っている機材で一番望遠で撮影出来るのはEOS7D+EF70-200mm F4L IS USM+EXTENDER EF 1.4X IIです。 35mmフィルム換算すると200×1.4×1.6で448mm/Fは5.6です。 もし東京ディズニーランドで開催中の「ディズニー夏祭り」の抽選に外れ、キャッスルフォアコート正面から写真撮影する場合、 鑑賞エリア"L"後方の円形花壇のさらに後ろから撮影することになり、かなり遠くからとなってしまします。

これで撮影した場合、あまり大きくはならずキャラクター達は画角の半分から1/3程度のサイズです。 2倍とまではいかなくてもせめて1.5倍位にならないかなぁと思っていたところ、私の隣で撮影している人が長いレンズを使っていました。 何を使っているのか教えて頂いたところ、EOS7D + EF100-400F4.5-5.6 IS USMと言うことを教えてもらいました。

家に帰ってから色々調べてみましたが、CANON純正で10万円台で買えるLレンズの長玉はこれぐらいしかないようなので、早速楽天のマップカメラさんでポチりました。

外装

マップカメラの箱です。モノクロでちょっとしゃれた箱ですね。amazonや楽天の段ボールを見慣れているので色ベースの箱は高級な感じがしますね。

開封の儀

開けるといきなりレンズカタログが。。。もっと買ってってことですね。 さらにレンズクリーナーの液がおまけて付いてました。注文時にも記載されていなかったのでうれしいサービスです。

箱の中身

ケース、保証書、CDが一緒に梱包されています。レンズはケースに包まれています。大き目のプチプチで四方がガードされています。

カメラの箱

マップカメラの段ボールの中の、キャノンの梱包箱は、プチプチで梱包されていました。これなら

ケースの中身

ケースを開けると、レンズ、フード、ストラップが入っています。

レンズ拡大

このレンズには三脚座が付属しています。

スイッチ拡大

4種類のスイッチが付いています。①手ぶれ補正のスタビライザーON/OFF、②スタビライザーのモード1/2、③焦点距離切り替え1.8m/6.5m、④フォーカス切り替えオート/マニュアルです。

EOS7Dに装着

存在感有りすぎです。さらにズームさせるにはレンズを前に引っ張るかたちになりさらに伸びます。直進ズームなんですね。

フード

このフードもEF70-200 F4L IS USMの時と同様に、白く塗装しようと思っています。

スポンサード リンク

シェアしてくれると「本気」で喜びます!